明日の暮らしを考える

ごあいさつ・経営理念

ごあいさつ

 タカノホームは、昭和58年4月に総合建設業のタカノ建設(大正8年創業)を母体としたタカノグループの本格木造注文住宅メーカーとしてスタートを切りました。現在このように成長できましたのも、長年にわたりご支援いただいたお客様、お取引先様、地域の皆様のおかげと心より感謝申し上げます。
 弊社は創立より「光と風と緑と・・・」をテーマに、自然と調和し、安心安全でいつまでも健やかに生活していただける住環境の創造を探究してきました。特に、北陸の気候風土や生活環境に配慮した住まいづくりの考え方を基本に、耐震性、耐久性、快適性、経済性を兼ね備えた住まいを時代のニーズにあわせ進化させてきました。北陸地方は旧来、冬期の低温多雪、夏期の高温多湿が私たちの生活の大きな障害になっており、また地震や台風などの突発的な自然災害は大きな脅威でありました。これらを克服するために北陸の地では他に先駆け、快適な住空間創造のための高気密高断熱仕様の標準化、地震に負けない強い構造躯体の研究開発、品質マネジメントISO9001,環境マネジメント14001の取得などにいち早く取り組んできました。
 さらに「これからの理想の住まいは何か?」の問いかけに答える私たちの家づくりの理念として「みらいをまもる住まい」を掲げました。このテーマを実現するためタカノホームは「人と環境にやさしい家 ~エコデザインハウス~」を開発し提案いたしました。
 エコデザインハウスは、「いざという時でも安心・安全の品質」「自然素材の恵みを感じる健康快適の品質」「家族のつながりを大切にした空間設計の品質」「自然エネルギーを活用した環境共生の品質」の4つの高品質を追求した住まいです。また次のステージとして、M7クラスの地震を想定した耐震基準「耐震等級3」を無理なくクリアできるTOPS工法(タカノホーム・オリジナル・パネルウォール・ストラクチャー)を開発し商品化いたしました。
 これからも私たちタカノホームは、人と環境にやさしい家づくりをめざし、大切な家族の暮らしを守り、安心感と幸福感を未来へつなぐ家を提供していきたいと思っております。
 地域の皆様に誠実にお応えし、長くお付きあいのできる愛着ある存在であり続けたい。社員一同お客様に本当に喜んでいただけるよう、さらなる家づくりの可能性に挑戦していきたいと思っています。

代表取締役社長 髙野 二朗

経営理念

タカノホームでは、以下の経営理念に基づいて、社員と会社が成長し地域の皆さまに貢献できるよう、取り組んでおります。

経営理念 タカノグループはお客様 社員 取引先が誇りと喜びを共創できる価値ある企業として豊かで幸せな地域社会の発展に貢献する

経営ビジョン

次の100年も続くいい会社をつくりましょう ~Challenge~ Kirari Vision Takano Group 「人財・技術・信頼・資本・貢献」の5つの蓄積を重ね、地域と共に生きる「キラリと輝くいい会社」をめざします