地震に負けない強い家

日本は世界的に見ても地震が多い地震大国です。近年では、東日本大震災や能登半島地震、新潟県中越地震、阪神淡路大震災など、大きな被害をもたらす地震が発生し、今後も日本各地で巨大地震が起こると予想されています。タカノホームでは地震から大切な命や財産を守るため、家の構造をさらに強化することをめざし、地震に強い技術を開発しました。
タカノホームの「TOPS(T:タカノホーム、O:オリジナル、P:バネlレ、S:ストラクチャー)」は、国土交通大臣の認定を受けた最高ランクの耐力を誇る「タカノホームオリジナル耐力壁」を使用した耐震性の高い軸組みモノコック構造の工法です。
タカノホームでは、耐震基準を見直し、より高い耐震性で「地震に負けない強い家」を実現します。

Spec.1 家全体を包み込む軸組みモノコック構造

軸組構造とモノコック構造のハイブリッド

タカノホームの軸組工法は信頼と実績があり、丈夫な柱や梁、筋交いなどが家を支える骨の役割をしています。一方、モノコック構造は、面材が箱のように一体化。合理的な構造なので自動車や新幹線、飛行機にも採用されています。モノコック構造は、6面体が地震などの負担を分散させるので、安定した高い剛性が得られます。
 タカノホームの軸組みモノコック構造は、両者をハイブリッド化して長所を高め合いました。「タカノオリジナル耐力壁」と専用に開発した水平構面で強力なモノコックを形成。内部の軸組み構造が自由度の有る住空間を可能にします。

タカノホームオリジナル軸組みモノコック構造

当社で実績のある 軸組み工法
プラス
新開発の耐力壁で形成される モノコック構造

Spec.2 最高ランク、壁倍率5倍

トップランク、倍率5倍の耐力
タカノオリジナル大臣認定耐力壁

試験証

一般の木造軸組工法では、プレート留め片筋交いで建築基準法で定められる耐力の倍率は2倍、たすき掛け筋交いで4倍です。タカノホームが新たに開発し、国土交通大臣の認定を受けたオリジナル耐力壁は倍率5倍(実効倍率6.8倍) と最高クラスを超える耐力を達成しています。タカノホームではオリジナル耐力壁を活かす床組みや、屋根下地についても開発や試験を繰り返し開発しました。

●耐力壁での変形と耐力(幅1.82m当たり)

耐力壁での変形と耐力(幅1.82m当たり)

※高さ2.73m換算で受ける地震を想定
参考資料:(財)日本住宅・木材技術センター「グレー本」

Spec.3 建築基準法の最大3.5倍の耐震強度

積雪時に震度7クラスの地震に耐える「耐震等級3」

タカノホームが実現する「耐震等級3」の家は、国交省の住宅性能表示制度の耐震等級における最高等級であり、阪神淡路大震災(M7.3)クラスの地震の約1.5倍の力でも倒壊しない水準を満たしています。北陸では積雪の荷童も計算に入れるので、実質耐震強度は基準法の最大3.5倍にもなります。

耐震等級3とは

Spec.4 高耐震と自由度の高い大空間を両立

オリジナル耐力壁で間取の自由度アップ

タカノホームのTOPS工法は、オリジナル耐力壁5.0倍を使う事によって高い耐震性能を確保したまま、間取りの自由度がある開放的な室内空間を実現します。
 適切な構造計算で将来のリフォーム計画も視野に入れた「スケルトン・インフィル」が可能になり、家族構成の変化に合わせた住環境を作ることができます。
 これまでは、住宅の耐震性能を確保するために多くの制約が有りましたが、TOPS工法は、軸組みモノコック構造で吹き抜けや開放的な住空間プランの幅を広げた業界でトップクラスの工法です。

※ 建物を構造体と内装・設備に分けて設計する考え方。
(スケルトン-骨格、インフィル-内外装、設備、間取り)
高耐震と自由度の高い大空間