平成26年11月22日(土)遂にNewオープン!! ARIA(アリア)

しあわせ マイライフ

TOPS-W断熱工法(タカノ,オリジナル,パネル,ストラクチャー)

住まいの基本――住まいとは、家族の安全・安心をずっとまもりつづけられるものであることが大原則です。
タカノホームが独自に開発したTOPS-W断熱工法は、
住宅性能評価制度における最高レベルである耐震等級3および省エネ対策等級4を基準としています。

BBT`キャスター 豊田麻衣
自然の力を感じる。癒しの住まい。

すべてのお客さまにタカノのクオリティを

タカノホームは平成11年2月に品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」を取得。
すべてのお客様に優れたクオリティの住宅を提供したいと考えています。
見えないところで手を抜かない。コストを理由に品質を下げない。
まじめな家づくりこそ、お客様の「みらいをまもる住まい」と考えています。

自然の力を活かした暮らし。

高い住宅性能の実現と自然の力の活用

家づくりは高い住宅性能の実現と同時に自然の力を利用することも忘れてはいけません。タカノホームではパッシブデザインの手法も取り入れ、自然の力を活用する家づくりを目指します。
当展示場では南北の風の流れを取り入れるよう居住空間を配置し、心地よい風が抜ける住まいを計画しました。

1F
2F

1.カフェキッチンという提案

これからの住まいにとってキッチンはとても重要な場所。しかしキッチンには、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器など様々な家電品が置かれ、色も形もバラバラ……。
簡単に買い替えるわけにもいきません。そこでそれらが見えないように、バックルームを設けました。
これでカップボードは自分の好きなキッチン雑貨でコーディネートすることができ、おしゃれなカフェキッチンとして楽しめるようになります。

2.平面図だけではわからないこと

断熱性能が高くなることで、吹き抜けやリビング階段、1~2階をつなぐ大空間が実現できるようになりました。その結果スキップフロアやロフトが出現し、従来の平面で考える間取りに加え、断面で考える間取りが可能になりました。キッチンの床を下げダイニングの人と目を合わせたり、少し高い場所からみんなが見えるスキップフロア、その段差を利用した間接照明……。超立体設計により、暮らし方の可能性は広がりました。

3.自分だけの収納アレンジ

主寝室からつながるウォークインクローゼットには、オリジナル収納ユニットを壁面に設置しました。自在棚板とパイプの組み合わせにより、いつでも思い思いの収納に変更できます。効率的な収納だけでなくクローゼットを自分だけのショールームとして楽しむこともできます。

4.「あれどこ?」を言わないために

住まいの大事な要素の一つが収納計画。日々の生活で使うものをわかりやすく収納できれば、探し物などで無駄な時間を使うこともありません。使っていないものが片づかない……。こういったときに家族一人ひとりに専用のファミリーロッカーを作ってみてはどうでしょうか。お父さんのものはいつもここ。○○君のものはいつもここ。しまう場所を決めておく。これがポイントです。

5.団らん・寛ぎが生まれる仕組み

自然素材を利用したやさしい雰囲気のインテリアを。触り心地のいい無垢のフロア、調湿作用のある自然塗料塗装。自然のものに囲まれることで人間は、くつろぎを感じます。そして、生活の中心にキッチンがあること。リビング・ダイニングを見渡し、その先にある外の緑、みんなが見ているテレビ。キッチンを中心として家族の会話が生まれます。

略図
  • 富山市西荒屋275(ジュートピア富山地内)
  • TEL 076-428-8611
cafe aria

カフェ・アリアアリア

「ARIA」自慢の優しい空間、カフェスペースがオープンします。

タカノホームの展示場をご覧いただいた後に、空と風と光を感じながらホッとひと息。理想の住まいに想いを巡らせながらいやしの時間をご家族で満喫してください。

富山プロダクツ選定商品

富山プロダクツ選定商品
富山プロダクツ選定商品
富山プロダクツ選定商品
富山プロダクツ選定商品
富山で生まれ育ってきたタカノホームだから。

展示場「ARIA」内のインテリアの中には、富山で生まれた雑貨がたくさん並んでいます。タカノホームは地元富山の商品、富山ブランドを応援しています。