やすらぎを感じる家族の気配

タカノホーム魚津展示場 新しい時代の二世帯住宅

家族のつながりが感じられる二世帯住宅

写真:自然素材との融合

二世帯住宅を建てるうえで最も重要なのは、世代の違う夫婦が同居することで生じる「気兼ね」や「気疲れ」を癒す空間が確保できるかどうかということ。タカノホーム魚津展示場では、家族みんなで食事や対話を楽しむ共有空間と、家族それぞれが自分の時間を楽しむくつろぎ空間を機能的に配置し、プライベートを尊重しながらも、いつも家族のつながりが感じられる二世帯住宅を実現しました。

使い方が自由な多目的空間

写真:ハイウォール・バルコニー

玄関脇の踏み石と玉砂利を敷いたアプローチから入ることのできるヒノキ無垢フロアの大壁和室。趣味に取り組むひとときや突然の来客、気の置けない仲間との食事会など使い方が自由な多目的空間。自然素材の心地よい肌ざわりも楽しむことができます。

自然素材の良さと採光に優れた空間をご覧ください

間取り図
1階床面積: 163.21 m2(49.37 坪) 延床面積: 291.19 m2(88.08 坪)
2階床面積: 127.98 m2(38.71 坪) 建築面積: 173.24 m2(52.40 坪)

設計コンセプト

地図

「家族みんな『で』くつろぐ場所」と、「家族みんな『が』くつろぐ場所」を明確に分離し、2世帯がほどよい距離感を保ちながら暮らせる空間設計をめざしました。リビングとダイニングは光と風と緑を感じながら家族みんなでくつろげる大空間としました。2階では、家の中央に配置した階段と大きな吹き抜け空間を囲むように若世代のプライベート空間をプランしました。この空間が家族の心をつなぎ、いつも会話のある暮らしを実現してくれます。

魚津市住吉567-1(新川ハウジングプラザ みらーれ地内) TEL 0765-24-3221