外断熱で年中快適

あたたかくて省エネ 家計と健康にやさしい家

家族が気持ちよく、健康に過ごせる住まいづくりのため、室内の空気環境は非常に大事なポイントです。
タカノホームの外断熱工法でつくる高気密・高断熱住宅は、
居室間の温度差を解消するため、冬期に起こりやすいヒートショックから家族を守り、
住まいの寿命を縮める原因のひとつである内部結露も抑止。
四季を通じて気候や気温、湿度の変化に対応した健康かつ快適な居住性能を実現します。
また、過剰な冷暖房の使用に頼らなくても心地よい室温を保つので
省エネもでき、節約にもつながるおトクな住まいです。

外断熱の
POINT 01

家全体を断熱材で包み込むから、夏も冬も快適

(天井)ポリエチレンフォーム・・・屋根からの熱損失もしっかりガード。(外壁)高性能フェノールフォーム・・・外側から隙間なく包み込んであたためた空気を逃さない。(床下)ポリエチレンフォーム・・・室内と床下との温度差解消で床も冷たくない!

タカノホームの住まいは、建物全体をすっぽりと包み込む「外張り断熱工法」。家の外壁に、高性能断熱材フェノールフォームを隙間なく張りめぐらすので、夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は暖房で暖めた熱を外に逃がしません。
天井と床下には気密シートを施工してポリスチレンフォームを施工し、六面のすべてを完全に包み込むので、家中どこをとっても熱を逃がさない、快適な住まいをつくります。

外断熱の
POINT 02

部屋間の温度差と内部結露の防止で、家族の健康をまもる

外断熱工法は、部屋間や床下の温度差を少なくすることでヒートショックを防止するほか、壁体内の温度差もなくすことで、内部結露によるカビ・ダニ・腐朽菌などの健康被害や、家の構造材の耐力低下を防止します。そのため、家族が健康で快適に過ごせるのはもちろん、家も長持ちする長命住宅を実現します。

外断熱工法

柱が完全に断熱材で守られているので、熱を逃さない。断熱材とのスキマが冷えず、結露が生じない。 家の外観から壁を取り払うと、構造躯体がすべて断熱材に覆われています。 暖房をつけた部屋の壁をサーモカメラで写すと、壁体内に温度差が発生していません。

内断熱工法

柱が外気に触れるため、冷えて熱を逃してしまう。断熱材とのスキマが冷え、結露が生じてしまう 家の外観から壁を取り払うと、構造躯体がほとんど外気にむき出しになっています。 暖房をつけた部屋の壁をサーモカメラで写すと、壁体内に温度差が発生しています。

外断熱の
POINT 03

高断熱=省エネ! 家計や環境にも優しい住まい。

外断熱工法でつくる高断熱・高気密の住まいは、年間を通して快適な室温を保ち、冷暖房費を抑えられるため、省エネルギーで経済的な住まいになります。タカノホームでは、全棟において、北陸で要求される次世代省エネ基準を標準でクリア。また、タカノホームのオリジナルパネル工法(TOPS工法)を採用することで、さらに厳しい北海道仕様の省エネ基準もクリア可能です。

次世代省エネ基準の区分について

都道府県
1地域 北北海道タカノホームTOPS工法基準
2地域 南北海道タカノホームTOPS工法基準
3地域 青森・秋田等の東北北部、長野等の山間部タカノホーム基準
4地域 東北・長野・新潟等 富山(山間部)・石川(旧吉野谷村・旧尾口村・旧白峰村)タカノホーム基準
5地域 関東等 富山(4地域以外)・石川(4地域・6地域以外)一般他社基準
6地域 四国・金沢
7地域 鹿児島
8地域 沖縄

北海道仕様のあたたかさへ!TOPS工法の採用で
W断熱にグレードアップ可能!

タカノホームが独自に開発したTOPS工法では、外断熱に加えて充填断熱を施工する「W(ダブル)断熱工法」を標準で採用。これにより、北海道仕様に匹敵する断熱性能を満たす、最高水準のあたたかさを実現しています。

W(ダブル)断熱工法

(充填断熱)高性能フェノールフォーム・・・外断熱に充填断熱をプラス!真冬でも驚きのあたたかさ