自然素材の家 北陸実績No.1

自然素材の家 着工累計棟数

2015年1023棟

木に囲まれた空間で暮らす 心地よい住まい

木目の美しさや肌触りの良さ、そして使いこむほどに増す味わい深さなど、
さまざまなかたちで暮らしに豊かさをもたらしてくれる「木」。
タカノホームは、木をはじめとした自然素材の良さに早くから着目し、
その優れた性能を最大限に生かした家づくりを数多くご提案してまいりました。
おかげさまで、自然素材の家の施工実績北陸ナンバーワン。
この豊富な実績で培った高い技術・ノウハウで、
目にするところ、肌にふれるところ、いたるところに木をふんだんに使った
健康で快適な住まいを実現いたします。

自然素材のこだわり
01

無垢床材

無垢床材 複合フローリング

無垢床材とは、1本の原木から必要な寸法に切り出して使用する「自然そのもの」の床材です。一方で、スライスした木をベニヤ芯と接着剤で張り合わせて作るのが「複合フローリング」。コストは抑えられますが、接着剤に含まれ、シックハウスの原因となる化学物質(ホルムアルデヒド)の悪影響が懸念されます。

これに対し、タカノホームの家は、無垢床材を標準で採用しています。表面には、プラスチックのようにコーティングするウレタン塗装ではなく、木の呼吸を妨げない自然塗装を行うことで、木が持つ良さ(調湿性、断熱性など)を存分に味わうことができます。
また、このように技術と手間を惜しまず加工することで、木は長いスパンで考えればメンテナンスも容易で、長持ちのする丈夫な建材となります。そして、木のあたたかい感触と、時の経過とともに深くなる味わいを楽しめる、末永く愛される「わが家」をつくります。

木(無垢材)の特長

調湿性

木には優れた調湿作用があり、部屋が蒸し暑い時には湿気を吸収し、乾燥している時は逆に排出することで過ごしやすい適度な湿度を保ちます。

断熱性

木の中は多くの空気層を含んでいる繊維構造のため、熱伝導率が低く、外気温が低い真冬でも熱を伝えにくく穏やかな保温性を発揮します。

癒し効果

木にはストレスを和らげる癒しの効果も科学的に証明されており、色や木目による視覚的作用、木肌に触れた時に触感的作用、樹木が発する芳香成分フィトンチッドによる森林浴効果などさまざまです。

メンテナンス性

年月が経つごとに味わいを増し、メンテナンス・維持管理も容易な無垢材は、長いスパンで考えれば非常にコストパフォーマンスの高い素材といえます。

よく選ばれる樹種と特長

  • スギ[針葉樹]

    国産針葉樹の代表的な木材。断熱性が高く、冬は暖かく感じ、夏は調湿効果でサラッとした肌触り。 日に焼けるほど深みを増し、人が歩くほど表面が磨かれツルツルになる。赤身と白太があり、杉の赤身は腐りや、塩分に対して耐久性が高い。

  • ウォールナット[広葉樹]

    適度の油分を含んでいるので、ツヤもあり、人が触れて使い込んでいくことで味のある風合いになる。
    加工性や接着性に優れ、耐衝撃性が高く狂いが少ない。

  • ナラ(オーク)[広葉樹]

    硬木でフローリング等に向いた材。色は淡褐色~褐色で、木目が粗くはっきり見える。柾目の板には虎斑と呼ばれる、虎の縞模様のような綺麗な柄が見られることもある。
    家具や洋酒の樽等にもよく用いられている。

  • カバ[広葉樹]

    主に寒冷地に育つカバノキ科の樹木。木目が薄く、淡い黄白色が多い。 淡い色味の中にも濃淡があり、シンプルで和・洋どちらでも合わせやすい。 ばらつきの少ない色合いの材面に、縮れ杢模様の艶が散在するのが特徴。

  • ヒノキ[針葉樹]

    日本を代表する高級材。
    特有の芳香があり、その元となる成分には殺菌作用がある。水や腐朽にも強く耐久性も高いため、 柱や家具、浴槽などに使用されることが多い。

自然素材のこだわり
02

木片チップ入り壁紙

タカノホームでは、木片をチップに砕いて、再生紙に挟み込んだ「木片チップ壁紙」をはじめとした自然素材の壁紙を採用しています。 防虫防黴のための殺虫剤や人体を損なう化学物質は一切使っておらず、もちろん有害なホルムアルデヒド、有機溶剤等も使用していないので、安心して使用できます。また、調湿性・通気性・透湿性・吸湿性など、快適な空間づくりに役立つ効果も数多くそなえています。

木片チップ壁紙は、20年以上も長持ちし、5~6回の上塗り塗装が可能です。さらに塗り替え作業は誰でもできる、という手軽さです。

自然素材のこだわり
03

自然塗料

フローリングなどに塗る塗料には、大きく分けて「塗膜のないもの」と「塗膜があるもの」があります。ラッカーやウレタン塗料といったものは後者で、塗膜を作ることで表面を固くして傷や汚れから木を守りますが、その反面、木の呼吸はふさいでしまいます。
これに対してタカノホームが採用している自然塗料は、はけで木の表面にのばして布などで拭き取り、染み込ませるものです。塗膜をつくらず木に深く浸透し、木目を生かして木の呼吸をさまたげさせません。撥水性にも優れ、シミ汚れにも効果があるこの塗料は、いつまでも木質を自然な状態に保ちます。
また、主な原材料は、防虫、防腐材などの有害物を一切含まない自然の植物油。口に触れても安全なので、子ども部屋でも安心して使用することができます。

さらに、自然素材へのこだわりはこんなところにも!

和室のヒノキ畳

タカノホームでは、畳床にヒノキチップ、畳表には和紙を使用した「和紙表のヒノキ畳」をはじめとした自然素材の畳を採用しています。
和紙の畳表は、薄い和紙を筒状に撚って一本一本いぐさと同じように編んで作ります。このため断面がいぐさのように中空状で、保湿性、調湿性があります。紙だからといって傷みやすいことはなく、かなり丈夫です。ヒノキの成分も合わさり、アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因となるカビ・ダニの心配はほとんどありません。
また、清潔でお手入れも簡単。いぐさのように染土を使っていないので、撥水効果にも優れています。

柱・梁などの無垢構造材

完成すると隠れる部分(構造)も、家全体の強さや家族の健康を考え、無垢材にこだわるタカノホーム。自然の木そのままに切り出し、手間暇をかけて乾燥させた「無垢材」だけを構造材として使用しています。また、床下の湿気によって傷みやすい1階部分では、柱だけではなくすべての木材(間柱、筋交い、下地材など)に、腐朽に強い性質のあるヒノキ材を採用しています。