北陸初 最高ランク 壁倍率5倍 TOPS

耐震等級3をクリア TOPS工法でつくる 地震に負けない家

日本は世界的に見ても地震が多い地震大国です。
タカノホームでは地震から大切な命や財産を守るため、
家の構造をさらに強化することをめざし、地震に強い技術を開発しました。
タカノホームの「TOPS(T:タカノホーム、O:オリジナル、P:パネル、S:ストラクチャー)」は、
国土交通大臣の認定を受けた最高ランクの耐力を誇る
「タカノホームオリジナル耐力壁」を使用した工法です。
タカノホームでは、耐震基準を見直し、より高い耐震性で「地震に負けない強い家」を実現します。

TOPS工法の
POINT 01

北陸初 壁倍率5倍のオリジナル耐力壁

『壁倍率(かべばいりつ)』とは、地震に対する耐力壁を取り付けることによって、その壁が通常の壁の何倍の効果を持つかということを示した数字です。タカノホームが新たに開発したオリジナル耐力壁は、壁倍率5倍(実効倍率6.8倍)と最高ランクの耐力を達成しています。この技術を持っているのは、北陸のハウスメーカーではタカノホームだけです。

このオリジナル耐力壁はさまざまな耐力試験をクリアしており、国土交通大臣の認定を受けています。また、この高い強度を活かす床組みや、屋根下地についても、多くの試験を繰り返しながら開発しました。そうして生まれたのが、建築基準法で定められた水準をはるかに超える耐震性能を実現する「TOPS工法」です。

オリジナル耐力壁 耐力試験
国土交通大臣認定書

TOPS工法の
POINT 02

家を骨組みと面で支える軸組みモノコック構造

タカノホームの軸組工法は信頼と実績があり、丈夫な柱や梁、筋交いなどが家を支える骨の役割をしています。一方、モノコック構造は、面材が箱のように一体化。6面体が地震などの負担を分散させるので、安定した高い剛性が得られます。
タカノホームの軸組みモノコック構造は、両者を組み合わせて長所を高め合いました。「タカノオリジナル耐力壁」と、専用に開発した水平構面で強力なモノコックを形成。そして、内部の軸組み構造が自由度の高い間取りを可能にします。

軸組工法

メリット

骨組みで家を支え、
間取りの自由度が高い

プラス

モノコック構造

メリット

面で家を支え、
色々な方向の力に強い

TOPS工法の
POINT 03

積雪時に震度7クラスの地震に耐える「耐震等級3」

耐震等級1 耐震等級3
強度 建築基準法を満たす
最低限の強度
積雪時、建築基準法の
最大3.5倍
の強度
耐震の目安 震度7程度の地震で
倒壊しない
積雪時、震度7程度の
さらに1.5倍の地震でも
倒壊しない
震度7の
倒壊確率
28.0% 3.5%

地震に対する建物の強さは「耐震等級」で表されます。
「耐震等級1」とは、建築基準法で決められた最低限の強さです。そして、「耐震等級3」は最高等級であり、阪神淡路大震災(M7.3)クラスの地震の約1.5倍の力でも倒壊しない耐震性を持ち、災害時に救護活動の拠点となる消防署や警察署と同じ強度を持つ建物ということになります。
TOPS工法で建てた家は、この「耐震等級3」を標準でクリアしています。
また、北陸では、積雪の荷重も計算に入れるので、実質耐震強度は基準法の最大3.5倍にもなります。

TOPS工法の
POINT 04

高耐震と自由度の高い大空間を両立

タカノホームのTOPS工法は、オリジナル耐力壁と軸組みモノコック構造の組み合わせにより、高い耐震性能を確保したまま、間取りの自由度の高い開放的な室内空間を実現できます。
また、適切な構造計算で将来のリフォーム計画も視野に入れた「スケルトン・インフィル」※が可能になり、家族構成の変化に合わせた住環境を作ることができます。

※建物を構造体と内装・設備に分けて設計する考え方のこと。(スケルトン-骨格、インフィル-内外装、設備、間取り)

「北陸は地震が少ないから安心」と思っていませんか?

地域連動型地震の危険性

日本の国土面積は世界のわずか0.25%です。しかし、世界で生ずるマグニチュード6以上の大地震は、5回に1回が日本で発生しています。この数字を見ても日本がいかに世界で有数の地震大国であるかわかります。
文部科学省の地震・防災研究課によると東海、東南海、南海地震が連動で起きた場合、北陸は最大震度5強程度の地震が予想され、連動して起きる内陸直下型地震の危険性が指摘されています。

今後30年以内に地震が起こる確率 南海地震 M8.4 50%~ 東南海地震 M8.1 60%~ 東海地震M8.0 87%~

過去の連動型地震災害の事例

1854年 安政東海・南海地震 東海・南海トラフ 推定M8.4
1年後 飛騨白川郷地震 庄川断層帯 推定M6.8
4年後 越中飛越地震 跡津川断層 推定M7.1
1944年 紀伊半島沖地震 東南海トラフ 推定M8.4
4年後 福井地震 福井平野東縁断層帯 推定M7.1
8年後 加賀・大聖寺沖地震 福井平野東縁断層帯 推定M6.5