NEWS

新着情報

News

2021.11.28

お知らせ

こどもみらい住宅支援事業が閣議決定!

住宅購入における新たな補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」が閣議決定されました。

内容は以下の通りです。(国土交通省のHPより引用)

1.制度の目的
子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯・若者夫婦世帯※による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る。
子育て世帯とは、18歳未満の子を有する世帯のこと。若者夫婦世帯とは夫婦のいずれかが39歳以下の世帯のことです。

 

2.補助対象
高い省エネ性能を有する住宅の新築、一定のリフォームが対象。
※補正予算案閣議決定日(令和3年11月26日)以降に契約を締結し、事業者登録(令和4年1月開始予定)後に着工したものに限る。

こどもみらい住宅支援事業表1│タカノホームこどもみらい住宅支援事業表2

この制度の交付申請期限は、令和4年10月31日までそれまでに注文住宅の場合は工事請負契約を交わし着工している必要があります。分譲住宅の場合は売買契約を交わしていなければなりません。

 

以上、新しい補助金制度について簡単にまとめますと(新築において)、

・子どもがいる世帯、夫婦のいずれかが39歳以下の世帯が対象。

・省エネ住宅において60万円~100万の補助金。

・令和3年11月26日以降の契約で、令和4年10月31日までに着工している必要あり。

 

以上のように着工の期限もありますし、過去の例からすると予算が尽きると終了することも考えられます。そろそろお家を…とお考えの方は、早めの検討をおススメします!

タカノホームのゼロエネルギー住宅はこちら! →タカノホームのZEH仕様住宅