開放的な平屋の家 氷見市 O邸

西海岸のリゾートハウスをコンセプトに
ディテールにこだわった心地いい平屋づくり。

西海岸にあるリゾートハウスのような開放的な住空間を思い浮かべながらいくつかの展示場を巡るうち、タカノホーム富山第2展示場「カフェスタイル」に目が留まったご夫婦。アメリカ・ロサンゼルス発祥のセレクトショップの雰囲気に仕上がりました。
居住空間をコンパクトにまとめる平屋のメリット最大限に活かしながら、こだわり抜いたディティールが美しい実例です。

DATA
商品名 MODE
敷地面積 374.49㎡(113.28坪)
施工年月 2016年4月
家族構成 ご夫婦 + 子ども2人

LDK

大きなソファーや木のテーブル、アイアン系の小物や照明をバランスよく取り入れたコーディネート。少し窮屈に感じがちな平屋のデメリットも、勾配天井と屋根裏スペースにロフトを設けてより開放的な空間となりました。

ダイニングキッチン

ダイニングは木のテーブルと椅子でナチュラルな雰囲気。天井を少し下げ、ペンダントライトで温かみを演出しました。

スキップフロア

リビングから階段を4段分上った位置に4帖ほどの広さのスキップフロアを設置。「パソコン操作をしたり、読書をしたり・・・。子どもたちが小学生になったら、ここで宿題をさせようかと思っています。家全体を見渡すことができてなかなかいい眺めなんです」とご主人。
居住空間をシェアする平屋の魅力を楽しんでいますね!

玄関

玄関フロアはウッディなバーテーションで仕切って脇玄関を造り、家族の靴箱やコートハンガーを隠しました。煩雑になりがちな玄関の収納スペースもおしゃれにオープンにすることで、来客用の玄関は常にスッキリと綺麗に保てます。

キッチン

ステンレスと白でシンプルに仕上げた対面キッチン。天板の大きさが奥様のお気に入りです。自然光も入る様に設計されているため、ナチュラルな空間を実感できるキッチンです。

洗面台

西海岸を思わせるミラーがアクセントに。アンティーク調の水栓金具にもこだった洗面台。

ウッドデッキ

ウッドデッキはリビングから洗濯室までつながっているのでいろんな使い方が楽しめます。家族の導線を室内だけでなく外からもつなぐ設計です。

#

施主様からのメッセージ

妻はデザインが気に入っていましたし、私は構造や収納力、外張り断熱も魅力を感じました。あと、うちの土地は基礎や配管にちょっと問題があったのですが、それも営業担当の方が迅速に解決してくれ、信頼感がもてましたね。(ご主人より)
洗濯室からそのままウッドデッキに出れるので、晴れた日は物干しを外に出し乾かしています。家事動線がコンパクトにまとまっているので洗濯や掃除がしやすいです。(奥様より)

設計担当者からのメッセージ

間取りは、土地の形と周辺の自然環境を考慮し、平屋で建てることに。左右に長い敷地を生かし、ほぼ長方形の箱の中に必要な部屋数と装備を設計していきました。
中心になるのは、大きなリビング、和室、ダイニング、キッチンをつなげたワンフロアの大空間です。壁は窓側を板壁にし、それ以外を木片チップ入りの紙クロスにして白で統一。大きな吹き抜け天井がゆったりと伸びやかな空間を創出しています。